藤原内科クリニック

堺市北区の内科、呼吸器科、アレルギー科 藤原内科クリニック

〒591-8025 大阪府堺市北区長曽根町3083-8 アル・ポート1階
TEL 072-250-6602

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

喘息

喘息ってどんな病気?

気管支喘息の典型的な症状はゼーゼーという喘鳴(ぜんめい)呼吸困難です。
症状が軽いときはゼーゼーいわなくても胸苦しくなったりします。また、咳が多いタイプの人もいます。痰は切れにくく、多くなることがあります。普通の風邪でも咳や痰はでますが、ゼーゼーということはあまりありませんので、ゼーゼーとのどが鳴って息苦しいときは喘息が疑われます。

喘息はある種の炎症が気管支におこることによってひきおこされる病気ですので、まずこの炎症を抑えるための治療をします。
そのために、吸入ステロイドが用いられます。吸入ステロイドは内服のステロイドと違って副作用が少なく、長期間使用することが可能です。吸入ステロイドは症状がないときでも続けることが大切で、いわゆる予防薬といわれています。
予防薬の中には抗アレルギー薬も含まれています。症状があるときは、気管支拡張剤の吸入や飲み薬と、時には点滴も使ってできるだけ早く症状をなくすことが重要です。

喘息は生まれもった体質的なところがありますので、きちんとした治療と体調の管理をすれば普通の生活が出来るようにコントロールすることは可能な病気です。